DUOザクレンジングバーム 全成分

DUOザクレンジングバームの全成分を解析|危険な副作用の罠とは

 

DUOクレンジングバーム成分

 

DUOザクレンジングバームを紹介しているサイトを見ると、『無添加処方で安心です』と一行や二行で適当に片づけているサイトが多いですよね。

 

ただ、私は肌が弱い敏感肌の上に疑り深い性格なので、DUOザクレンジングバームの口コミや全成分を徹底的に調べてみました。

 

すると、必ずしも誰にでも合うクレンジングでないことが分かりました。

 

この記事を読めば、DUOザクレンジングバームの危険な副作用の罠にハマらずに済みます。

 

DUOザクレンジングバームの全成分|口コミで副作用をチェックすると

 

ニキビができてしまった

 

宣伝に惹かれてDUOザクレンジングバームを購入しましたが、私には合いませんでした。

 

おでこに小さなニキビができ、あごに大きな吹き出物がたくさんできてしまいました。

 

ただ、使用をやめたら治りました。

 

使った時にベタツキを感じたのですが、保湿成分が皮脂詰まりの原因になってしまったのかもしれません。

 

幸い返金保証があったので返品しました。

 

手続きは簡単でコールセンターの対応も丁寧でした。

 

30代 乾燥肌

 

洗浄力が強め

 

DUOザクレンジングバームはかなり洗浄力が強めですね。

 

一回の使用で目の周りがヒリヒリしました。

 

アトピー肌でも合う人がいるので、肌は人それぞれなんだと思います。

 

バームですが、結局オイルが多いんですよね。

 

オイルクレンジングがダメな私にはやっぱり合いませんでした。

 

40代 アトピー肌

 

ごく少数ですが、DUOザクレンジングバームを使って肌に合わなかった方がいらっしゃいました。

 

気になったのでDUOザクレンジングバームの全成分を解析してみました。

 

DUOザクレンジングバームの全成分を徹底解析|副作用は大丈夫?

 

パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、トコフェロール、ノバラ油、アンマロク果実エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、グルコシルセラミド、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、デキストリン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ノイバラ果実エキス、プルーン分解物、クリサンテルムインジクムエキス、サクラ葉エキス、トルメンチラ根エキス、豆乳発酵液、メマツヨイグサ種子エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、タチジャコウソウエキス、オウゴンエキス、キハダ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、オウレン根エキス、カミツレ花エキス、クチナシエキス、セイヨウオトギリソウエキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、水、BG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール

 

DUOザクレンジングバームの全成分を調べた結果、危険な成分は一切含まれていませんでした。

 

その代わり保湿に欠かせない成分がたっぷり配合されていました。

 

DUOザクレンジングバームの保湿成分
  • 加水分解コラーゲン
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 豆乳発酵液
  • メマツヨイグサ種子エキス
  • ビルベリー葉エキス
  • トウキンセンカ花エキス

 

ただ、バームが溶けた後、オイルでクレンジングするので、オイルクレンジングが苦手な方は注意が必要ですね。

 

また、乳化剤として合成界面活性剤を配合していますが、安全性の高い植物性のものを使用しているので、そこは心配しなくても大丈夫です。

 

DUOザクレンジングバームは公式サイトだとリスクを最小限に抑えられる

 

DUOザクレンジングバームを初めて使うなら公式サイトが最適です。

 

DUOクレンジングバーム成分

 

というのも、20日間の返金保証が付いているからです。

 

DUOザクレンジングバームは安全性の高い成分を配合していますが、誰にでも合う化粧品なんてこの世に存在しないですもんね。

 

公式サイトの半額キャンペーンだったら、肌に合わなかった時安心ですし、リスクを最小限に抑えることが可能です。

 

DUOクレンジングバーム成分